Wilson House is a weekend house in a relaxed beachside town in Chiba, an hour and a half by train from Tokyo.  ウィルソンハウスは、ほのぼのとした海辺の町にあるウィークエンドハウスだ。東京から電車で1時間半ほどの千葉県にある。
       
     
 The house combines the aspirations of both client and architect – the client wanted the house to have a feeling of real solidity, and KDa was keen to open the house to its magnificent setting. In meeting these two goals, KDa found inspiration in the wooden platform trays – called sanbo – found in Japan’s Shinto temples. These small trays have a built-in stand, and are used in Shinto rituals to present offerings of food or other special items to the enshrined gods. KDa reinterpreted this form as a building with a solid base – two heavy walls of concrete supporting a concrete tray. Arranged on this tray is the “offering” – a variety of lightweight, wooden-framed boxes.  この建物では、建物にかなりソリッドな感覚を求めるクライアントと、素晴らしい周辺環境に対して開きたいという建築家の両者の熱望が結合している。これら2つの目的を融合するものとして、われわれは神社で見られる三方と呼ばれる木製の台からインスピレーションを得た。これは神事において神様への供え物を乗せるための台である。この形態を、2つの重厚なコンクリート壁がコンクリートのトレーを支える、というソリッドな下階を持つ建物として再解釈した。そのトレーの上に乗せられる「供え物」はいくつかの軽い木造の箱たちである。
       
     
 The entry to the house is from the rear, past a separate volume containing the garage. The concrete walls of the lower level define living, kitchen, and dining spaces, with the wooden structures of the upper level enclosing bedrooms and bathrooms. The entire house is directed to the river, with large windows opening to the river views and a spacious terrace for barbecues. Between the house and the river is a garden, very large by Japanese standards, which will eventually link the house with the greenery of the riverbank.  この建物へは本体とは別のボリュームとして見えるように作られた車庫部分の横を通りながら後ろ側から入る。下階のコンクリート打ち放しの壁たちはこの階のリビングやキッチンやダイニングスペースと、寝室や浴室とがある木造の上階とを明確に線引きする。建物は目の前の川に正対するように配置され、その川の景色に向いて大きく開かれた窓とバーベキューのための大きなテラスを持つ。建物と川との間は広々とした庭であり、ゆくゆくは川辺の植物たちが建物まで続いていくことだろう。
       
     
wlsn_007.jpg
       
     
wlsn_030.jpg
       
     
 Wilson House is a weekend house in a relaxed beachside town in Chiba, an hour and a half by train from Tokyo.  ウィルソンハウスは、ほのぼのとした海辺の町にあるウィークエンドハウスだ。東京から電車で1時間半ほどの千葉県にある。
       
     

Wilson House is a weekend house in a relaxed beachside town in Chiba, an hour and a half by train from Tokyo.

ウィルソンハウスは、ほのぼのとした海辺の町にあるウィークエンドハウスだ。東京から電車で1時間半ほどの千葉県にある。

 The house combines the aspirations of both client and architect – the client wanted the house to have a feeling of real solidity, and KDa was keen to open the house to its magnificent setting. In meeting these two goals, KDa found inspiration in the wooden platform trays – called sanbo – found in Japan’s Shinto temples. These small trays have a built-in stand, and are used in Shinto rituals to present offerings of food or other special items to the enshrined gods. KDa reinterpreted this form as a building with a solid base – two heavy walls of concrete supporting a concrete tray. Arranged on this tray is the “offering” – a variety of lightweight, wooden-framed boxes.  この建物では、建物にかなりソリッドな感覚を求めるクライアントと、素晴らしい周辺環境に対して開きたいという建築家の両者の熱望が結合している。これら2つの目的を融合するものとして、われわれは神社で見られる三方と呼ばれる木製の台からインスピレーションを得た。これは神事において神様への供え物を乗せるための台である。この形態を、2つの重厚なコンクリート壁がコンクリートのトレーを支える、というソリッドな下階を持つ建物として再解釈した。そのトレーの上に乗せられる「供え物」はいくつかの軽い木造の箱たちである。
       
     

The house combines the aspirations of both client and architect – the client wanted the house to have a feeling of real solidity, and KDa was keen to open the house to its magnificent setting. In meeting these two goals, KDa found inspiration in the wooden platform trays – called sanbo – found in Japan’s Shinto temples. These small trays have a built-in stand, and are used in Shinto rituals to present offerings of food or other special items to the enshrined gods. KDa reinterpreted this form as a building with a solid base – two heavy walls of concrete supporting a concrete tray. Arranged on this tray is the “offering” – a variety of lightweight, wooden-framed boxes.

この建物では、建物にかなりソリッドな感覚を求めるクライアントと、素晴らしい周辺環境に対して開きたいという建築家の両者の熱望が結合している。これら2つの目的を融合するものとして、われわれは神社で見られる三方と呼ばれる木製の台からインスピレーションを得た。これは神事において神様への供え物を乗せるための台である。この形態を、2つの重厚なコンクリート壁がコンクリートのトレーを支える、というソリッドな下階を持つ建物として再解釈した。そのトレーの上に乗せられる「供え物」はいくつかの軽い木造の箱たちである。

 The entry to the house is from the rear, past a separate volume containing the garage. The concrete walls of the lower level define living, kitchen, and dining spaces, with the wooden structures of the upper level enclosing bedrooms and bathrooms. The entire house is directed to the river, with large windows opening to the river views and a spacious terrace for barbecues. Between the house and the river is a garden, very large by Japanese standards, which will eventually link the house with the greenery of the riverbank.  この建物へは本体とは別のボリュームとして見えるように作られた車庫部分の横を通りながら後ろ側から入る。下階のコンクリート打ち放しの壁たちはこの階のリビングやキッチンやダイニングスペースと、寝室や浴室とがある木造の上階とを明確に線引きする。建物は目の前の川に正対するように配置され、その川の景色に向いて大きく開かれた窓とバーベキューのための大きなテラスを持つ。建物と川との間は広々とした庭であり、ゆくゆくは川辺の植物たちが建物まで続いていくことだろう。
       
     

The entry to the house is from the rear, past a separate volume containing the garage. The concrete walls of the lower level define living, kitchen, and dining spaces, with the wooden structures of the upper level enclosing bedrooms and bathrooms. The entire house is directed to the river, with large windows opening to the river views and a spacious terrace for barbecues. Between the house and the river is a garden, very large by Japanese standards, which will eventually link the house with the greenery of the riverbank.

この建物へは本体とは別のボリュームとして見えるように作られた車庫部分の横を通りながら後ろ側から入る。下階のコンクリート打ち放しの壁たちはこの階のリビングやキッチンやダイニングスペースと、寝室や浴室とがある木造の上階とを明確に線引きする。建物は目の前の川に正対するように配置され、その川の景色に向いて大きく開かれた窓とバーベキューのための大きなテラスを持つ。建物と川との間は広々とした庭であり、ゆくゆくは川辺の植物たちが建物まで続いていくことだろう。

wlsn_007.jpg
       
     
wlsn_030.jpg