Google Japan Phase 1 & 2  Klein Dytham architecture (KDa) recently completed Google’s new Japan office. This ambitious interior project is located in the Roppongi Hills tower in central Tokyo.   Reflecting Google’s ambition to invent amazing things, KDa sought to create a fun, inspiring workplace with places for brainstorming, casual chats, or simply to hang out between bursts of work. These include a series of spaces each with a unique theme – a ‘hairy’ blue café space clad in the huge brushes used in carwashes, and a presentation space created in the image of a traditional Japanese neighbourhood bathhouse.  Colour and cultural imagery is used to help with wayfinding. KDa divided the interior into various zones and employed vivid textures and bold graphics to give each area a distinct character. Circulation routes were defined by block walls to suggest the winding lanes of Tokyo’s residential areas, wall graphics were designed to recall Japan’s timber architecture, and wallpaper patterns cleverly incorporate Google icons.
       
     
 GOOGLE TOKYO 東京、六本木 2010 - 2012  ユニークなオフィスを持つことでも知られるGoogle。この意欲的なインテリアプロジェクトは東京の中心、六本木ヒルズに位置する彼らの日本のオフィスである。  驚異的なサービスを開発し続ける彼らの仕事への熱意を反映して、私達が追求したのはブレインストーミングや気軽なおしゃべりができたり、爆発寸前の仕事から束の間抜け出せるような場所を持つ、楽しくて人をかきたてるような仕事場だ。そのため、例えばコイン洗車場で使われる大きなブラシに覆われ”もじゃもじゃ”の青いキッチンスペースや、伝統的な銭湯をイメージしたプレゼンテーションのためのスペースのように、それぞれに異なるテーマを持ったシリーズを提案した。  色彩や文化的なイメージはいつもデザインのヒントとなる。スペースを様々なエリアに区分けし、鮮やかなテクスチュアと大胆なグラフィックを用いてそれぞれにはっきりと異なるキャラクターを与えた。フロアを循環する動線は、東京の住宅地の曲がりくねった路地を暗示するブロック塀によって明示され、壁のグラフィックは日本の木造建築を思い起こさせる。また、壁紙の模様には巧みにグーグルのアイコンを取り入れている。
       
     
gglr_111.jpg
       
     
gglr_027.jpg
       
     
gglr_125.jpg
       
     
gglr_204.jpg
       
     
gglr_206.jpg
       
     
gglr_021.jpg
       
     
gglr_104.jpg
       
     
gglr_128.jpg
       
     
gglr_129.jpg
       
     
gglr_133.jpg
       
     
 Google Japan Phase 1 & 2  Klein Dytham architecture (KDa) recently completed Google’s new Japan office. This ambitious interior project is located in the Roppongi Hills tower in central Tokyo.   Reflecting Google’s ambition to invent amazing things, KDa sought to create a fun, inspiring workplace with places for brainstorming, casual chats, or simply to hang out between bursts of work. These include a series of spaces each with a unique theme – a ‘hairy’ blue café space clad in the huge brushes used in carwashes, and a presentation space created in the image of a traditional Japanese neighbourhood bathhouse.  Colour and cultural imagery is used to help with wayfinding. KDa divided the interior into various zones and employed vivid textures and bold graphics to give each area a distinct character. Circulation routes were defined by block walls to suggest the winding lanes of Tokyo’s residential areas, wall graphics were designed to recall Japan’s timber architecture, and wallpaper patterns cleverly incorporate Google icons.
       
     

Google Japan Phase 1 & 2

Klein Dytham architecture (KDa) recently completed Google’s new Japan office. This ambitious interior project is located in the Roppongi Hills tower in central Tokyo. 

Reflecting Google’s ambition to invent amazing things, KDa sought to create a fun, inspiring workplace with places for brainstorming, casual chats, or simply to hang out between bursts of work. These include a series of spaces each with a unique theme – a ‘hairy’ blue café space clad in the huge brushes used in carwashes, and a presentation space created in the image of a traditional Japanese neighbourhood bathhouse.

Colour and cultural imagery is used to help with wayfinding. KDa divided the interior into various zones and employed vivid textures and bold graphics to give each area a distinct character. Circulation routes were defined by block walls to suggest the winding lanes of Tokyo’s residential areas, wall graphics were designed to recall Japan’s timber architecture, and wallpaper patterns cleverly incorporate Google icons.

 GOOGLE TOKYO 東京、六本木 2010 - 2012  ユニークなオフィスを持つことでも知られるGoogle。この意欲的なインテリアプロジェクトは東京の中心、六本木ヒルズに位置する彼らの日本のオフィスである。  驚異的なサービスを開発し続ける彼らの仕事への熱意を反映して、私達が追求したのはブレインストーミングや気軽なおしゃべりができたり、爆発寸前の仕事から束の間抜け出せるような場所を持つ、楽しくて人をかきたてるような仕事場だ。そのため、例えばコイン洗車場で使われる大きなブラシに覆われ”もじゃもじゃ”の青いキッチンスペースや、伝統的な銭湯をイメージしたプレゼンテーションのためのスペースのように、それぞれに異なるテーマを持ったシリーズを提案した。  色彩や文化的なイメージはいつもデザインのヒントとなる。スペースを様々なエリアに区分けし、鮮やかなテクスチュアと大胆なグラフィックを用いてそれぞれにはっきりと異なるキャラクターを与えた。フロアを循環する動線は、東京の住宅地の曲がりくねった路地を暗示するブロック塀によって明示され、壁のグラフィックは日本の木造建築を思い起こさせる。また、壁紙の模様には巧みにグーグルのアイコンを取り入れている。
       
     

GOOGLE TOKYO
東京、六本木 2010 - 2012

ユニークなオフィスを持つことでも知られるGoogle。この意欲的なインテリアプロジェクトは東京の中心、六本木ヒルズに位置する彼らの日本のオフィスである。

驚異的なサービスを開発し続ける彼らの仕事への熱意を反映して、私達が追求したのはブレインストーミングや気軽なおしゃべりができたり、爆発寸前の仕事から束の間抜け出せるような場所を持つ、楽しくて人をかきたてるような仕事場だ。そのため、例えばコイン洗車場で使われる大きなブラシに覆われ”もじゃもじゃ”の青いキッチンスペースや、伝統的な銭湯をイメージしたプレゼンテーションのためのスペースのように、それぞれに異なるテーマを持ったシリーズを提案した。

色彩や文化的なイメージはいつもデザインのヒントとなる。スペースを様々なエリアに区分けし、鮮やかなテクスチュアと大胆なグラフィックを用いてそれぞれにはっきりと異なるキャラクターを与えた。フロアを循環する動線は、東京の住宅地の曲がりくねった路地を暗示するブロック塀によって明示され、壁のグラフィックは日本の木造建築を思い起こさせる。また、壁紙の模様には巧みにグーグルのアイコンを取り入れている。

gglr_111.jpg
       
     
gglr_027.jpg
       
     
gglr_125.jpg
       
     
gglr_204.jpg
       
     
gglr_206.jpg
       
     
gglr_021.jpg
       
     
gglr_104.jpg
       
     
gglr_128.jpg
       
     
gglr_129.jpg
       
     
gglr_133.jpg