Located in the forest-covered mountains of central Hokkaido, the alpine resort town of Tomamu is an outdoor recreation paradise. Standing in this beautiful landscape are the 40-storey hotel towers of the Alpha Resort, built during the economic boom of the late 1980s. Now twenty years old, the two towers needed re-cladding, so the resorts owners asked Klein Dytham architecture to develop a colour scheme.  豊かな自然と山々に囲まれた北海道の真ん中、トマムはアウトドアを楽しむならパラダイスと言っても良い場所にある。この美しいランドスケープに建つのは80年代のバブル隆盛期に建てられたアルファ・リゾートの40階建てのホテル。築20年を経た2つの超高層ホテルの新しい外観のため、KDaが色彩計画を担った。   
       
     
 Wanting to reduce the impact of the towers, KDa decided to use camouflage, but the difficulty was that the natural environment surrounding the resort changes constantly with the seasons. KDa’s solution was to camouflage one tower to suit winter conditions and the other to suit summer – one tower fades from black to white, and the other from green to white.  周囲の環境へのタワーのインパクトを抑えるため、私たちは外観をカモフラージュに塗装することに決めた。しかし背景となるはずの周囲の自然は季節によって見た目を変えてしまう。そこでタワーの1棟を夏の緑に会わせたグリーン系のパターン、もう1棟を冬の雪の風景に溶け込む白を基調としたパターンにすることにした。季節によって片方のタワーが風景に同化して存在感を消し、もう1棟が際立って見えてくる。   
       
     
 While KDa wanted to dissolve the building’s mass, they didn’t want invisibility and so inserted a few red panels to liven things up. Their inspiration was the cheerful red baubles on a Christmas tree – rather than being around for just one day a year, the red panels create smiles year round.  ツインタワー全体にちりばめたアクセントは、1年を通して目立つ赤色で、これらは夏は木々になる果実、冬はキャンドルといった、季節によって様々なアイテムに見立てて1年を通じたリゾートイメージの演出効果を狙っている。   
       
     
ttwt_028.jpg
       
     
ttwt_014.jpg
       
     
 Located in the forest-covered mountains of central Hokkaido, the alpine resort town of Tomamu is an outdoor recreation paradise. Standing in this beautiful landscape are the 40-storey hotel towers of the Alpha Resort, built during the economic boom of the late 1980s. Now twenty years old, the two towers needed re-cladding, so the resorts owners asked Klein Dytham architecture to develop a colour scheme.  豊かな自然と山々に囲まれた北海道の真ん中、トマムはアウトドアを楽しむならパラダイスと言っても良い場所にある。この美しいランドスケープに建つのは80年代のバブル隆盛期に建てられたアルファ・リゾートの40階建てのホテル。築20年を経た2つの超高層ホテルの新しい外観のため、KDaが色彩計画を担った。   
       
     

Located in the forest-covered mountains of central Hokkaido, the alpine resort town of Tomamu is an outdoor recreation paradise. Standing in this beautiful landscape are the 40-storey hotel towers of the Alpha Resort, built during the economic boom of the late 1980s. Now twenty years old, the two towers needed re-cladding, so the resorts owners asked Klein Dytham architecture to develop a colour scheme.

豊かな自然と山々に囲まれた北海道の真ん中、トマムはアウトドアを楽しむならパラダイスと言っても良い場所にある。この美しいランドスケープに建つのは80年代のバブル隆盛期に建てられたアルファ・リゾートの40階建てのホテル。築20年を経た2つの超高層ホテルの新しい外観のため、KDaが色彩計画を担った。

 

 Wanting to reduce the impact of the towers, KDa decided to use camouflage, but the difficulty was that the natural environment surrounding the resort changes constantly with the seasons. KDa’s solution was to camouflage one tower to suit winter conditions and the other to suit summer – one tower fades from black to white, and the other from green to white.  周囲の環境へのタワーのインパクトを抑えるため、私たちは外観をカモフラージュに塗装することに決めた。しかし背景となるはずの周囲の自然は季節によって見た目を変えてしまう。そこでタワーの1棟を夏の緑に会わせたグリーン系のパターン、もう1棟を冬の雪の風景に溶け込む白を基調としたパターンにすることにした。季節によって片方のタワーが風景に同化して存在感を消し、もう1棟が際立って見えてくる。   
       
     

Wanting to reduce the impact of the towers, KDa decided to use camouflage, but the difficulty was that the natural environment surrounding the resort changes constantly with the seasons. KDa’s solution was to camouflage one tower to suit winter conditions and the other to suit summer – one tower fades from black to white, and the other from green to white.

周囲の環境へのタワーのインパクトを抑えるため、私たちは外観をカモフラージュに塗装することに決めた。しかし背景となるはずの周囲の自然は季節によって見た目を変えてしまう。そこでタワーの1棟を夏の緑に会わせたグリーン系のパターン、もう1棟を冬の雪の風景に溶け込む白を基調としたパターンにすることにした。季節によって片方のタワーが風景に同化して存在感を消し、もう1棟が際立って見えてくる。

 

 While KDa wanted to dissolve the building’s mass, they didn’t want invisibility and so inserted a few red panels to liven things up. Their inspiration was the cheerful red baubles on a Christmas tree – rather than being around for just one day a year, the red panels create smiles year round.  ツインタワー全体にちりばめたアクセントは、1年を通して目立つ赤色で、これらは夏は木々になる果実、冬はキャンドルといった、季節によって様々なアイテムに見立てて1年を通じたリゾートイメージの演出効果を狙っている。   
       
     

While KDa wanted to dissolve the building’s mass, they didn’t want invisibility and so inserted a few red panels to liven things up. Their inspiration was the cheerful red baubles on a Christmas tree – rather than being around for just one day a year, the red panels create smiles year round.

ツインタワー全体にちりばめたアクセントは、1年を通して目立つ赤色で、これらは夏は木々になる果実、冬はキャンドルといった、季節によって様々なアイテムに見立てて1年を通じたリゾートイメージの演出効果を狙っている。

 

ttwt_028.jpg
       
     
ttwt_014.jpg