Undercover Lab is a building, which is undercover. Not only is it tucked away in the back streets of Harajuku but the site is also very deceiving. A 10m long narrow driveway leads to a 12m x 12m site at the rear.  ファッションブランドUNDERCOVERのためのスタジオ。原宿の裏通り。長さ10mほどの狭いドライヴウェイの奥に、12m四方の敷地が広がる。
       
     
 The building houses a studio, press showroom, and office. A 20m long hanger rail to show the entire collection of one season was required. This is housed in a black tube running along the only 20m straight line on the site, which extends out over the entrance driveway. This cantilevered tube extends the building’s influence to the main street in a strong but stealthy way.  建物はショウルームとして使用されるチューブ部分と、奥のメインブロック、それからこの2つに挟まれるガラス張りの階段室の3パートで構成されている。ワンシーズンに生み出されるコレクションを並べるには、なんと20mが必要になる。チューブの内部にハンガーレールを設置し、折り返して20mの直線を確保した。
       
     
 The tube was made to look as anonymous as possible, almost like a shipping container where you have no idea of its contents. The tube also intimates the form of tools such as telescopes, imparting a mysterious feel, but without revealing its true purpose… so much so that unknowing individuals may feel intimidated just walking under the tube.  一方でチューブの外観は、なるべくアノニマス(匿名のもの)になるように心がけた。イメージしたのは、たとえば貨物船のコンテナ。何が入っているか、外からは全く分からないでしょう?それからたとえば望遠鏡。”UNDERCOVER” (スパイ活動)を思わせる、ミステリアスな雰囲気-いったい中では何が行われているんだ?と何も知らない通行人が、ちょっと「びびって」しまうような建物だ。
       
     
 The basement and first floor structure had to be concrete, but the client was not keen on the look and feel of this material when it was left exposed, so to overcome this we simply left the formwork on the structure of the walls and ceilings. Recycled wood from an old school was used for all the floor in the building, leading to a warm friendly feel.  地階と1階の構造はコンクリートでなければならなかったが、クライアントはコンクリートの素材感と見た目をそのままにして使うことに積極的ではなかった。そこでこれを解決すべく、壁と天井の型枠を残すことにした。そして温かくてフレンドリーな空間となるように、古い学校で使われていた木材を建物内の全ての床材へと再利用した。
       
     
IMG0010.jpg
       
     
IMG0001.jpg
       
     
 Undercover Lab is a building, which is undercover. Not only is it tucked away in the back streets of Harajuku but the site is also very deceiving. A 10m long narrow driveway leads to a 12m x 12m site at the rear.  ファッションブランドUNDERCOVERのためのスタジオ。原宿の裏通り。長さ10mほどの狭いドライヴウェイの奥に、12m四方の敷地が広がる。
       
     

Undercover Lab is a building, which is undercover. Not only is it tucked away in the back streets of Harajuku but the site is also very deceiving. A 10m long narrow driveway leads to a 12m x 12m site at the rear.

ファッションブランドUNDERCOVERのためのスタジオ。原宿の裏通り。長さ10mほどの狭いドライヴウェイの奥に、12m四方の敷地が広がる。

 The building houses a studio, press showroom, and office. A 20m long hanger rail to show the entire collection of one season was required. This is housed in a black tube running along the only 20m straight line on the site, which extends out over the entrance driveway. This cantilevered tube extends the building’s influence to the main street in a strong but stealthy way.  建物はショウルームとして使用されるチューブ部分と、奥のメインブロック、それからこの2つに挟まれるガラス張りの階段室の3パートで構成されている。ワンシーズンに生み出されるコレクションを並べるには、なんと20mが必要になる。チューブの内部にハンガーレールを設置し、折り返して20mの直線を確保した。
       
     

The building houses a studio, press showroom, and office. A 20m long hanger rail to show the entire collection of one season was required. This is housed in a black tube running along the only 20m straight line on the site, which extends out over the entrance driveway. This cantilevered tube extends the building’s influence to the main street in a strong but stealthy way.

建物はショウルームとして使用されるチューブ部分と、奥のメインブロック、それからこの2つに挟まれるガラス張りの階段室の3パートで構成されている。ワンシーズンに生み出されるコレクションを並べるには、なんと20mが必要になる。チューブの内部にハンガーレールを設置し、折り返して20mの直線を確保した。

 The tube was made to look as anonymous as possible, almost like a shipping container where you have no idea of its contents. The tube also intimates the form of tools such as telescopes, imparting a mysterious feel, but without revealing its true purpose… so much so that unknowing individuals may feel intimidated just walking under the tube.  一方でチューブの外観は、なるべくアノニマス(匿名のもの)になるように心がけた。イメージしたのは、たとえば貨物船のコンテナ。何が入っているか、外からは全く分からないでしょう?それからたとえば望遠鏡。”UNDERCOVER” (スパイ活動)を思わせる、ミステリアスな雰囲気-いったい中では何が行われているんだ?と何も知らない通行人が、ちょっと「びびって」しまうような建物だ。
       
     

The tube was made to look as anonymous as possible, almost like a shipping container where you have no idea of its contents. The tube also intimates the form of tools such as telescopes, imparting a mysterious feel, but without revealing its true purpose… so much so that unknowing individuals may feel intimidated just walking under the tube.

一方でチューブの外観は、なるべくアノニマス(匿名のもの)になるように心がけた。イメージしたのは、たとえば貨物船のコンテナ。何が入っているか、外からは全く分からないでしょう?それからたとえば望遠鏡。”UNDERCOVER” (スパイ活動)を思わせる、ミステリアスな雰囲気-いったい中では何が行われているんだ?と何も知らない通行人が、ちょっと「びびって」しまうような建物だ。

 The basement and first floor structure had to be concrete, but the client was not keen on the look and feel of this material when it was left exposed, so to overcome this we simply left the formwork on the structure of the walls and ceilings. Recycled wood from an old school was used for all the floor in the building, leading to a warm friendly feel.  地階と1階の構造はコンクリートでなければならなかったが、クライアントはコンクリートの素材感と見た目をそのままにして使うことに積極的ではなかった。そこでこれを解決すべく、壁と天井の型枠を残すことにした。そして温かくてフレンドリーな空間となるように、古い学校で使われていた木材を建物内の全ての床材へと再利用した。
       
     

The basement and first floor structure had to be concrete, but the client was not keen on the look and feel of this material when it was left exposed, so to overcome this we simply left the formwork on the structure of the walls and ceilings. Recycled wood from an old school was used for all the floor in the building, leading to a warm friendly feel.

地階と1階の構造はコンクリートでなければならなかったが、クライアントはコンクリートの素材感と見た目をそのままにして使うことに積極的ではなかった。そこでこれを解決すべく、壁と天井の型枠を残すことにした。そして温かくてフレンドリーな空間となるように、古い学校で使われていた木材を建物内の全ての床材へと再利用した。

IMG0010.jpg
       
     
IMG0001.jpg