Ginza – Tokyo’s Fifth Avenue. Or Oxford Street. Or Main Drag… whatever label you give it, Ginza is the commercial heart of Tokyo… and even of Japan. “Ginza” is synonymous with luxury and class. In recent years, flagship stores of global luxury brands have been sprouting all along the Ginza, including Louis Vuitton, Prada, Hermes, Dior, Tiffany, Apple and Chanel. Alongside, there is now Uniqlo – Japan’s most famous casual clothing brand.  銀座ー東京のフィフス・アヴェニュー、それともオックスフォード・ストリート…何に例えたところで銀座こそが東京の、いや日本の商業の中心だということに変わりはないだろう。そして銀座は贅沢と気品の代名詞でもある。ここ数年でルイ・ヴィトン、プラダ、エルメス、クリスチャン・ディオール、ティファニー、そしてアップルとシャネルに至るまで世界的な高級ブランドが一斉に銀座に旗艦店をオープンさせた。そして、日本の最も有名なカジュアル衣料ブランド、ユニクロもそこに加わることになった。
       
     
 These buildings function essentially as walk-in advertisements. They conjure desirable images to wrap around their products, aiming to grab attention and admiration (as well as sales). Walking down the Ginza is like strolling through a glossy magazine – and these buildings are the ads. Brand imagery is largely communicated through the facades, which increasingly resemble screens. The Chanel store uses a facade composed of hundreds of thousands of LEDs – a high-res building-sized video screen.  端的に言えば、そういった高級ブランドのビルは”中に入れる広告”として機能している。魅力的なイメージで商品を包み込み、注目と称賛(と売り上げ)を掴むことを目指す。そんな銀座をふらりと歩くのは高級雑誌をぺらぺらとめくるのに似ている。ーそしてそれらのビルは、まさしく雑誌の中の広告そのものなのだ。ブランドイメージは、ますますスクリーンに似通いつつあるビルのファサードをとおして大いに語られる。例えばシャネルは何十万個ものLEDライトからなるファサードを持つ。ーそれはビルの大きさの高解像度スクリーンだ。
       
     
 Uniqlo is an exception to the parade of high-end brands in Ginza – having built its brand providing basic clothing at reasonable prices. In contrast to the sleekness of neighboring other facades, our approach at Uniqlo Ginza was to go simple and basic. If facades are now screens, our Uniqlo facade is a pixilated “electro-retro” version. It is made up of a matrix of one thousand illuminated cells, whose luminosity can be individually controlled to produce chunky Tetris-style patterns on the facade. A mirror-finish stainless steel grid placed over this screen has the effect of breaking up and blurring its sharp edges. The foursquare Uniqlo logo shines through all, lit up with a bright LED array. Low-res luxury.  ハイ・エンドなブランドが立ち並ぶ銀座という街にあって、ユニクロは例外的な存在だ。ユニクロはベーシックな衣料をリーズナブルなコストで提供するブランドだ。そのため、KDaはきらびやかな他店のファサードとは対照をなす、ユニクロらしいシンプルでベーシックなファサードを提案した。ファサードがスクリーンだとしたら、ユニクロ銀座店のファサードは「エレクトロ・レトロ」のピクセルで出来上がっている。1,000個のマス目は1つ1つ明るさをコントロールすることができ、そのマトリックスパターンはひと昔流行ったテトリスを思い出させる。ファサードをカバーするスチールは中の光を多方向に反射させ、シャープなエッジを和らげると共にユニクロおなじみの真四角のロゴが唯一煌煌と輝く。低解像度のラグジュアリーとでも呼ぼうか。
       
     
UNIQLO_Ginza008.jpg
       
     
 Uniqlo usually sells its wares through outlets – functional shed-like spaces in the suburbs. Ginza as a site demands a warmer, more differentiated treatment. Each floor displays different products for distinct target markets, and are distinguished by color – from gallery-white on the entry level for sharp promotions and campaigns, through magnolia and cinnamon to deep chocolate at casual menswear. We also devised a flexible, modular display and rack system, comprising a “pergola” element and stackable low tables. These bring a sense of domestic scale and comfort to the Ginza glitz. Sales have been four times higher than initially projected… need we say more?  ユニクロ店舗と言えば郊外の大きな倉庫の様な店舗を思い浮かべるかもしれない。しかし、銀座は明らかに世界が違い、もっと暖かい感じが求められた。店舗の各階を商品に合った色合いに。ギャラリーの白が1階、女性のフロアにはモクレンとシナモンの色、そしてメンズフロアはチョコ色。積み重ねられる数多くの品物はモジュラーの吊り棚やローテーブルにきれいにまとめられ、銀座という街に親しみやすいスケール感と心地よさをもたらしている。売り上げは予想の4倍以上だそうだ。もう何も言うことないでしょう?
       
     
 Ginza – Tokyo’s Fifth Avenue. Or Oxford Street. Or Main Drag… whatever label you give it, Ginza is the commercial heart of Tokyo… and even of Japan. “Ginza” is synonymous with luxury and class. In recent years, flagship stores of global luxury brands have been sprouting all along the Ginza, including Louis Vuitton, Prada, Hermes, Dior, Tiffany, Apple and Chanel. Alongside, there is now Uniqlo – Japan’s most famous casual clothing brand.  銀座ー東京のフィフス・アヴェニュー、それともオックスフォード・ストリート…何に例えたところで銀座こそが東京の、いや日本の商業の中心だということに変わりはないだろう。そして銀座は贅沢と気品の代名詞でもある。ここ数年でルイ・ヴィトン、プラダ、エルメス、クリスチャン・ディオール、ティファニー、そしてアップルとシャネルに至るまで世界的な高級ブランドが一斉に銀座に旗艦店をオープンさせた。そして、日本の最も有名なカジュアル衣料ブランド、ユニクロもそこに加わることになった。
       
     

Ginza – Tokyo’s Fifth Avenue. Or Oxford Street. Or Main Drag… whatever label you give it, Ginza is the commercial heart of Tokyo… and even of Japan. “Ginza” is synonymous with luxury and class. In recent years, flagship stores of global luxury brands have been sprouting all along the Ginza, including Louis Vuitton, Prada, Hermes, Dior, Tiffany, Apple and Chanel. Alongside, there is now Uniqlo – Japan’s most famous casual clothing brand.

銀座ー東京のフィフス・アヴェニュー、それともオックスフォード・ストリート…何に例えたところで銀座こそが東京の、いや日本の商業の中心だということに変わりはないだろう。そして銀座は贅沢と気品の代名詞でもある。ここ数年でルイ・ヴィトン、プラダ、エルメス、クリスチャン・ディオール、ティファニー、そしてアップルとシャネルに至るまで世界的な高級ブランドが一斉に銀座に旗艦店をオープンさせた。そして、日本の最も有名なカジュアル衣料ブランド、ユニクロもそこに加わることになった。

 These buildings function essentially as walk-in advertisements. They conjure desirable images to wrap around their products, aiming to grab attention and admiration (as well as sales). Walking down the Ginza is like strolling through a glossy magazine – and these buildings are the ads. Brand imagery is largely communicated through the facades, which increasingly resemble screens. The Chanel store uses a facade composed of hundreds of thousands of LEDs – a high-res building-sized video screen.  端的に言えば、そういった高級ブランドのビルは”中に入れる広告”として機能している。魅力的なイメージで商品を包み込み、注目と称賛(と売り上げ)を掴むことを目指す。そんな銀座をふらりと歩くのは高級雑誌をぺらぺらとめくるのに似ている。ーそしてそれらのビルは、まさしく雑誌の中の広告そのものなのだ。ブランドイメージは、ますますスクリーンに似通いつつあるビルのファサードをとおして大いに語られる。例えばシャネルは何十万個ものLEDライトからなるファサードを持つ。ーそれはビルの大きさの高解像度スクリーンだ。
       
     

These buildings function essentially as walk-in advertisements. They conjure desirable images to wrap around their products, aiming to grab attention and admiration (as well as sales). Walking down the Ginza is like strolling through a glossy magazine – and these buildings are the ads. Brand imagery is largely communicated through the facades, which increasingly resemble screens. The Chanel store uses a facade composed of hundreds of thousands of LEDs – a high-res building-sized video screen.

端的に言えば、そういった高級ブランドのビルは”中に入れる広告”として機能している。魅力的なイメージで商品を包み込み、注目と称賛(と売り上げ)を掴むことを目指す。そんな銀座をふらりと歩くのは高級雑誌をぺらぺらとめくるのに似ている。ーそしてそれらのビルは、まさしく雑誌の中の広告そのものなのだ。ブランドイメージは、ますますスクリーンに似通いつつあるビルのファサードをとおして大いに語られる。例えばシャネルは何十万個ものLEDライトからなるファサードを持つ。ーそれはビルの大きさの高解像度スクリーンだ。

 Uniqlo is an exception to the parade of high-end brands in Ginza – having built its brand providing basic clothing at reasonable prices. In contrast to the sleekness of neighboring other facades, our approach at Uniqlo Ginza was to go simple and basic. If facades are now screens, our Uniqlo facade is a pixilated “electro-retro” version. It is made up of a matrix of one thousand illuminated cells, whose luminosity can be individually controlled to produce chunky Tetris-style patterns on the facade. A mirror-finish stainless steel grid placed over this screen has the effect of breaking up and blurring its sharp edges. The foursquare Uniqlo logo shines through all, lit up with a bright LED array. Low-res luxury.  ハイ・エンドなブランドが立ち並ぶ銀座という街にあって、ユニクロは例外的な存在だ。ユニクロはベーシックな衣料をリーズナブルなコストで提供するブランドだ。そのため、KDaはきらびやかな他店のファサードとは対照をなす、ユニクロらしいシンプルでベーシックなファサードを提案した。ファサードがスクリーンだとしたら、ユニクロ銀座店のファサードは「エレクトロ・レトロ」のピクセルで出来上がっている。1,000個のマス目は1つ1つ明るさをコントロールすることができ、そのマトリックスパターンはひと昔流行ったテトリスを思い出させる。ファサードをカバーするスチールは中の光を多方向に反射させ、シャープなエッジを和らげると共にユニクロおなじみの真四角のロゴが唯一煌煌と輝く。低解像度のラグジュアリーとでも呼ぼうか。
       
     

Uniqlo is an exception to the parade of high-end brands in Ginza – having built its brand providing basic clothing at reasonable prices. In contrast to the sleekness of neighboring other facades, our approach at Uniqlo Ginza was to go simple and basic. If facades are now screens, our Uniqlo facade is a pixilated “electro-retro” version. It is made up of a matrix of one thousand illuminated cells, whose luminosity can be individually controlled to produce chunky Tetris-style patterns on the facade. A mirror-finish stainless steel grid placed over this screen has the effect of breaking up and blurring its sharp edges. The foursquare Uniqlo logo shines through all, lit up with a bright LED array. Low-res luxury.

ハイ・エンドなブランドが立ち並ぶ銀座という街にあって、ユニクロは例外的な存在だ。ユニクロはベーシックな衣料をリーズナブルなコストで提供するブランドだ。そのため、KDaはきらびやかな他店のファサードとは対照をなす、ユニクロらしいシンプルでベーシックなファサードを提案した。ファサードがスクリーンだとしたら、ユニクロ銀座店のファサードは「エレクトロ・レトロ」のピクセルで出来上がっている。1,000個のマス目は1つ1つ明るさをコントロールすることができ、そのマトリックスパターンはひと昔流行ったテトリスを思い出させる。ファサードをカバーするスチールは中の光を多方向に反射させ、シャープなエッジを和らげると共にユニクロおなじみの真四角のロゴが唯一煌煌と輝く。低解像度のラグジュアリーとでも呼ぼうか。

UNIQLO_Ginza008.jpg
       
     
 Uniqlo usually sells its wares through outlets – functional shed-like spaces in the suburbs. Ginza as a site demands a warmer, more differentiated treatment. Each floor displays different products for distinct target markets, and are distinguished by color – from gallery-white on the entry level for sharp promotions and campaigns, through magnolia and cinnamon to deep chocolate at casual menswear. We also devised a flexible, modular display and rack system, comprising a “pergola” element and stackable low tables. These bring a sense of domestic scale and comfort to the Ginza glitz. Sales have been four times higher than initially projected… need we say more?  ユニクロ店舗と言えば郊外の大きな倉庫の様な店舗を思い浮かべるかもしれない。しかし、銀座は明らかに世界が違い、もっと暖かい感じが求められた。店舗の各階を商品に合った色合いに。ギャラリーの白が1階、女性のフロアにはモクレンとシナモンの色、そしてメンズフロアはチョコ色。積み重ねられる数多くの品物はモジュラーの吊り棚やローテーブルにきれいにまとめられ、銀座という街に親しみやすいスケール感と心地よさをもたらしている。売り上げは予想の4倍以上だそうだ。もう何も言うことないでしょう?
       
     

Uniqlo usually sells its wares through outlets – functional shed-like spaces in the suburbs. Ginza as a site demands a warmer, more differentiated treatment. Each floor displays different products for distinct target markets, and are distinguished by color – from gallery-white on the entry level for sharp promotions and campaigns, through magnolia and cinnamon to deep chocolate at casual menswear. We also devised a flexible, modular display and rack system, comprising a “pergola” element and stackable low tables. These bring a sense of domestic scale and comfort to the Ginza glitz. Sales have been four times higher than initially projected… need we say more?

ユニクロ店舗と言えば郊外の大きな倉庫の様な店舗を思い浮かべるかもしれない。しかし、銀座は明らかに世界が違い、もっと暖かい感じが求められた。店舗の各階を商品に合った色合いに。ギャラリーの白が1階、女性のフロアにはモクレンとシナモンの色、そしてメンズフロアはチョコ色。積み重ねられる数多くの品物はモジュラーの吊り棚やローテーブルにきれいにまとめられ、銀座という街に親しみやすいスケール感と心地よさをもたらしている。売り上げは予想の4倍以上だそうだ。もう何も言うことないでしょう?