PechaKucha

PechaKucha Night was devised by Astrid Klein and Mark Dytham in Tokyo in February 2003 as an event for young designers to meet, network and show their work in public. It has turned into a massive celebration- with events happening in over 680 cities around the world, inspiring creatives worldwide.

Drawing its name from the Japanese term for the sound of “chit chat”, it rests on a presentation format that is based on a simple idea: 20 images x 20 seconds. It’s a format that makes presentations concise and keeps things moving at a rapid pace.

Find a location and start a conversation!

www.pechakucha.org

PechaKucha Nightは、クライン ダイサム アーキテクツのアストリッド・クラインとマーク・ダイサムによって、あらゆるジャンルのクリエイティブたちがアイディアを分かち合い、ネットワークを広げるための場として、2003年2月に東京で考案されたトークイベントです。20秒 x 20枚=6分40秒の中で誰もが好きなことをプレゼンテーションできるそのフォーマットが愛され、現在では世界680以上の都市で開催される世界規模のプロジェクトとなりました。
あなたの近くのPechaKuchaを見つけて、参加してみて!

www.pechakucha.org

Sign up for our bimonthly email newsletter | 隔月配信のニュースレターを購読