TBWA / Hakuhodo, Tokyo  The space turns the familiar into the unfamiliar. The new space creates an exciting office through a surprise conversion of a bowling alley.   While respecting for the original characteristics of the space, the office expresses an unusual spatial organization. The stripy layout of the office recalls the past image of a bowling alley and brings back the character of the space.  The shelters, which are of multiple sizes and heights, work as meeting and business rooms. They also work as places for brainstorming-meetings and picnics.   The shapes of the shelters and their colors white, green, and natural wood fold onto each other and shape the landscape.   Central Park’s cafe and bars provide the places for daily communications. The office is the place where people can use the space with their own sense and they can interact freely with the visitors. It provides surprise and excitement in the space where creative people and goods all come together.   
       
     
 TBWA\HAKUHODO  東京都、田町 2007  目にするものがいつも違って見えてくるようなスペース。ボーリング場をコンバージョンという意外性で作られた、エキサイティングなオフィスである。  一般的なオフィス仕様ではない空間の、本来の個性を最大限引き出した。既存の低く抑えられた天井ではなく、大梁の形をあらわした可能な限りの高い天井とし、上層の開口から大空間を見渡すことの出来る、一体感のある空間の個性を取り戻した。梁型の連続は空間に強い方向性を与えるため、基本となるオフィスの構成は、この梁の下を通路として、その間をワークスペースにするストライプ状の配置で、ボーリングレーンのイメージに重ねた。  光の抜ける方向に開放されたトンネル状のシェルターは、大きさや高さの違いによる大小のミーティングルームや執務室として機能すると同時にリラックスしたりブレインストーミングやピクニックを可能とするヒューマンスケールで多様な場を大空間の中に生み出す。  セントラルパークカフェは、毎日のコミュニケーションの場として使われる。人々は、自分のセンスによりオフィスの使い方を決め、自由に訪れる人々と交流できる。オフィスは驚きやワクワク感を与え、クリエイティブな人々やものが集まるスペースである。
       
     
01.jpg
       
     
23_fixed.jpg
       
     
aDsk0704tbwa56.jpg
       
     
aDsk0704tbwa33.jpg
       
     
aDsk0704tbwa62.jpg
       
     
19.jpg
       
     
20.jpg
       
     
22.jpg
       
     
 TBWA / Hakuhodo, Tokyo  The space turns the familiar into the unfamiliar. The new space creates an exciting office through a surprise conversion of a bowling alley.   While respecting for the original characteristics of the space, the office expresses an unusual spatial organization. The stripy layout of the office recalls the past image of a bowling alley and brings back the character of the space.  The shelters, which are of multiple sizes and heights, work as meeting and business rooms. They also work as places for brainstorming-meetings and picnics.   The shapes of the shelters and their colors white, green, and natural wood fold onto each other and shape the landscape.   Central Park’s cafe and bars provide the places for daily communications. The office is the place where people can use the space with their own sense and they can interact freely with the visitors. It provides surprise and excitement in the space where creative people and goods all come together.   
       
     

TBWA / Hakuhodo, Tokyo

The space turns the familiar into the unfamiliar. The new space creates an exciting office through a surprise conversion of a bowling alley. 

While respecting for the original characteristics of the space, the office expresses an unusual spatial organization. The stripy layout of the office recalls the past image of a bowling alley and brings back the character of the space.

The shelters, which are of multiple sizes and heights, work as meeting and business rooms. They also work as places for brainstorming-meetings and picnics.  
The shapes of the shelters and their colors white, green, and natural wood fold onto each other and shape the landscape. 

Central Park’s cafe and bars provide the places for daily communications. The office is the place where people can use the space with their own sense and they can interact freely with the visitors. It provides surprise and excitement in the space where creative people and goods all come together.

 

 TBWA\HAKUHODO  東京都、田町 2007  目にするものがいつも違って見えてくるようなスペース。ボーリング場をコンバージョンという意外性で作られた、エキサイティングなオフィスである。  一般的なオフィス仕様ではない空間の、本来の個性を最大限引き出した。既存の低く抑えられた天井ではなく、大梁の形をあらわした可能な限りの高い天井とし、上層の開口から大空間を見渡すことの出来る、一体感のある空間の個性を取り戻した。梁型の連続は空間に強い方向性を与えるため、基本となるオフィスの構成は、この梁の下を通路として、その間をワークスペースにするストライプ状の配置で、ボーリングレーンのイメージに重ねた。  光の抜ける方向に開放されたトンネル状のシェルターは、大きさや高さの違いによる大小のミーティングルームや執務室として機能すると同時にリラックスしたりブレインストーミングやピクニックを可能とするヒューマンスケールで多様な場を大空間の中に生み出す。  セントラルパークカフェは、毎日のコミュニケーションの場として使われる。人々は、自分のセンスによりオフィスの使い方を決め、自由に訪れる人々と交流できる。オフィスは驚きやワクワク感を与え、クリエイティブな人々やものが集まるスペースである。
       
     

TBWA\HAKUHODO
東京都、田町 2007

目にするものがいつも違って見えてくるようなスペース。ボーリング場をコンバージョンという意外性で作られた、エキサイティングなオフィスである。

一般的なオフィス仕様ではない空間の、本来の個性を最大限引き出した。既存の低く抑えられた天井ではなく、大梁の形をあらわした可能な限りの高い天井とし、上層の開口から大空間を見渡すことの出来る、一体感のある空間の個性を取り戻した。梁型の連続は空間に強い方向性を与えるため、基本となるオフィスの構成は、この梁の下を通路として、その間をワークスペースにするストライプ状の配置で、ボーリングレーンのイメージに重ねた。

光の抜ける方向に開放されたトンネル状のシェルターは、大きさや高さの違いによる大小のミーティングルームや執務室として機能すると同時にリラックスしたりブレインストーミングやピクニックを可能とするヒューマンスケールで多様な場を大空間の中に生み出す。

セントラルパークカフェは、毎日のコミュニケーションの場として使われる。人々は、自分のセンスによりオフィスの使い方を決め、自由に訪れる人々と交流できる。オフィスは驚きやワクワク感を与え、クリエイティブな人々やものが集まるスペースである。

01.jpg
       
     
23_fixed.jpg
       
     
aDsk0704tbwa56.jpg
       
     
aDsk0704tbwa33.jpg
       
     
aDsk0704tbwa62.jpg
       
     
19.jpg
       
     
20.jpg
       
     
22.jpg