Kumamoto City, the Prefecture’s largest city, has a new bullet train station. Toyo Ito, the current Artpolis commissioner, oversaw the commissioning of several new buildings around the station, including entrance canopies on either side of the station designed by Ryue Nishizawa and by Mitsuhiko Sato. KDa’s project also formed part of the Kumamoto Artpolis program.    熊本県の県庁所在地であり、中核市の中で最も大きな市でもある熊本市には新しい新幹線の駅がある。熊本アートポリスの現コミッショナー伊東豊雄によって、この駅の周辺にも西沢立衛と佐藤光彦がデザインした2つの駅前広場など、いくつかの新しいプロジェクトが竣工している。KDaもまた、このプロジェクトの一端を担うことになった。
       
     
  Kumamoto City, the Prefecture’s largest city, has a new bullet train station. Toyo Ito, the current Artpolis commissioner, oversaw the commissioning of several new buildings around the station, including entrance canopies on either side of the station designed by Ryue Nishizawa and by Mitsuhiko Sato. KDa’s project also formed part of the Kumamoto Artpolis program.    熊本県の県庁所在地であり、中核市の中で最も大きな市でもある熊本市には新しい新幹線の駅がある。熊本アートポリスの現コミッショナー伊東豊雄によって、この駅の周辺にも西沢立衛と佐藤光彦がデザインした2つの駅前広場など、いくつかの新しいプロジェクトが竣工している。KDaもまた、このプロジェクトの一端を担うことになった。
       
     
  KDa’s koban, or neighborhood police station, stands on a teardrop-shaped site, separated from the large surrounding buildings by taxi stands and a tramline. Looking to make a sculptural gesture in this wide, open space, We designed a ribbon of perforated steel plate running around the top of the building.    この交番はしずく型をした敷地に建ち、タクシーの停車場と路面電車によって周囲のビル群からは切り離されている。敷地の幅と周囲のオープンスペースの中で、この建物に彫刻のように独立した表現を与えるためにKDaは建物の上部を覆うスティール製のリボンをデザインした。
       
     
 To create the friendly, fun image, they colored the upper floor volume and the inside of ribbon with a gentle rainbow gradation, so that the colors visible through the holes change as people move around the area.  親しみやすく楽しいイメージを生み出すために、リボンの内側とその中に隠れる上層階に優しい虹色のグラデーションを施した。リボンに開いた穴から見える色は、周辺の人々の目線によって変化する。
       
     
koban_011.jpg
       
     
koban_013.jpg
       
     
 The ribbon was not part of the brief for the building, but KDa have cunningly made it functional – a three-meter cantilever creates a shelter where patrol cars can park, allowing the police to enter and exit without getting wet!  リボンはこの建物の直接の役割を担うものではなかったが、KDaは抜け目なく機能性を与えた。ー3mのキャンティレバーはパトカーを駐車できるシェルターとなり、おまわりさんが雨に濡れる事なく出入りができるように設計されているのだ!
       
     
 The clever graphic – an ever-changing billboard! – can be seen from all sides of the building, creating a building that stands out, but up close creates subtle effects by casting shadows on the surrounding road.  この気の利いたグラフィックー絶え間なく変化するビルボード!ーは、この建物の周辺全域から目にすることができ、建物自体を引き立てている。一方で、間近まで近寄れば、リボンに開いた穴が交番を囲む道路へ影でできたパターンを描き出すのを見つけることができるだろう。
       
     
koban_016.jpg
       
     
koban_020.jpg
       
     
koban_023.jpg
       
     
koban_024.jpg
       
     
 Beneath the playful, floating volume of the ribbon, the building’s more pragmatic ground floor was designed to visually recede, with the simple concrete structure and even the window mullions all colored charcoal grey. The building’s interior was designed according to standard police specification.  遊び心に溢れ、リボンの作り出す変化に富んだ上層階の真下で、実用性を求められる1階はシンプルなコンクリートの構造を用いて窓枠さえもチャコールグレーに仕上げられ、視覚的に引っ込んだ印象となるよう意図されている。また、建物の内装は、警察の標準的な仕様に準じてデザインされている。
       
     
koban_025.jpg
       
     
  Kumamoto City, the Prefecture’s largest city, has a new bullet train station. Toyo Ito, the current Artpolis commissioner, oversaw the commissioning of several new buildings around the station, including entrance canopies on either side of the station designed by Ryue Nishizawa and by Mitsuhiko Sato. KDa’s project also formed part of the Kumamoto Artpolis program.    熊本県の県庁所在地であり、中核市の中で最も大きな市でもある熊本市には新しい新幹線の駅がある。熊本アートポリスの現コミッショナー伊東豊雄によって、この駅の周辺にも西沢立衛と佐藤光彦がデザインした2つの駅前広場など、いくつかの新しいプロジェクトが竣工している。KDaもまた、このプロジェクトの一端を担うことになった。
       
     

Kumamoto City, the Prefecture’s largest city, has a new bullet train station. Toyo Ito, the current Artpolis commissioner, oversaw the commissioning of several new buildings around the station, including entrance canopies on either side of the station designed by Ryue Nishizawa and by Mitsuhiko Sato. KDa’s project also formed part of the Kumamoto Artpolis program.

熊本県の県庁所在地であり、中核市の中で最も大きな市でもある熊本市には新しい新幹線の駅がある。熊本アートポリスの現コミッショナー伊東豊雄によって、この駅の周辺にも西沢立衛と佐藤光彦がデザインした2つの駅前広場など、いくつかの新しいプロジェクトが竣工している。KDaもまた、このプロジェクトの一端を担うことになった。

  Kumamoto City, the Prefecture’s largest city, has a new bullet train station. Toyo Ito, the current Artpolis commissioner, oversaw the commissioning of several new buildings around the station, including entrance canopies on either side of the station designed by Ryue Nishizawa and by Mitsuhiko Sato. KDa’s project also formed part of the Kumamoto Artpolis program.    熊本県の県庁所在地であり、中核市の中で最も大きな市でもある熊本市には新しい新幹線の駅がある。熊本アートポリスの現コミッショナー伊東豊雄によって、この駅の周辺にも西沢立衛と佐藤光彦がデザインした2つの駅前広場など、いくつかの新しいプロジェクトが竣工している。KDaもまた、このプロジェクトの一端を担うことになった。
       
     

Kumamoto City, the Prefecture’s largest city, has a new bullet train station. Toyo Ito, the current Artpolis commissioner, oversaw the commissioning of several new buildings around the station, including entrance canopies on either side of the station designed by Ryue Nishizawa and by Mitsuhiko Sato. KDa’s project also formed part of the Kumamoto Artpolis program.

熊本県の県庁所在地であり、中核市の中で最も大きな市でもある熊本市には新しい新幹線の駅がある。熊本アートポリスの現コミッショナー伊東豊雄によって、この駅の周辺にも西沢立衛と佐藤光彦がデザインした2つの駅前広場など、いくつかの新しいプロジェクトが竣工している。KDaもまた、このプロジェクトの一端を担うことになった。

  KDa’s koban, or neighborhood police station, stands on a teardrop-shaped site, separated from the large surrounding buildings by taxi stands and a tramline. Looking to make a sculptural gesture in this wide, open space, We designed a ribbon of perforated steel plate running around the top of the building.    この交番はしずく型をした敷地に建ち、タクシーの停車場と路面電車によって周囲のビル群からは切り離されている。敷地の幅と周囲のオープンスペースの中で、この建物に彫刻のように独立した表現を与えるためにKDaは建物の上部を覆うスティール製のリボンをデザインした。
       
     

KDa’s koban, or neighborhood police station, stands on a teardrop-shaped site, separated from the large surrounding buildings by taxi stands and a tramline. Looking to make a sculptural gesture in this wide, open space, We designed a ribbon of perforated steel plate running around the top of the building.

この交番はしずく型をした敷地に建ち、タクシーの停車場と路面電車によって周囲のビル群からは切り離されている。敷地の幅と周囲のオープンスペースの中で、この建物に彫刻のように独立した表現を与えるためにKDaは建物の上部を覆うスティール製のリボンをデザインした。

 To create the friendly, fun image, they colored the upper floor volume and the inside of ribbon with a gentle rainbow gradation, so that the colors visible through the holes change as people move around the area.  親しみやすく楽しいイメージを生み出すために、リボンの内側とその中に隠れる上層階に優しい虹色のグラデーションを施した。リボンに開いた穴から見える色は、周辺の人々の目線によって変化する。
       
     

To create the friendly, fun image, they colored the upper floor volume and the inside of ribbon with a gentle rainbow gradation, so that the colors visible through the holes change as people move around the area.

親しみやすく楽しいイメージを生み出すために、リボンの内側とその中に隠れる上層階に優しい虹色のグラデーションを施した。リボンに開いた穴から見える色は、周辺の人々の目線によって変化する。

koban_011.jpg
       
     
koban_013.jpg
       
     
 The ribbon was not part of the brief for the building, but KDa have cunningly made it functional – a three-meter cantilever creates a shelter where patrol cars can park, allowing the police to enter and exit without getting wet!  リボンはこの建物の直接の役割を担うものではなかったが、KDaは抜け目なく機能性を与えた。ー3mのキャンティレバーはパトカーを駐車できるシェルターとなり、おまわりさんが雨に濡れる事なく出入りができるように設計されているのだ!
       
     

The ribbon was not part of the brief for the building, but KDa have cunningly made it functional – a three-meter cantilever creates a shelter where patrol cars can park, allowing the police to enter and exit without getting wet!

リボンはこの建物の直接の役割を担うものではなかったが、KDaは抜け目なく機能性を与えた。ー3mのキャンティレバーはパトカーを駐車できるシェルターとなり、おまわりさんが雨に濡れる事なく出入りができるように設計されているのだ!

 The clever graphic – an ever-changing billboard! – can be seen from all sides of the building, creating a building that stands out, but up close creates subtle effects by casting shadows on the surrounding road.  この気の利いたグラフィックー絶え間なく変化するビルボード!ーは、この建物の周辺全域から目にすることができ、建物自体を引き立てている。一方で、間近まで近寄れば、リボンに開いた穴が交番を囲む道路へ影でできたパターンを描き出すのを見つけることができるだろう。
       
     

The clever graphic – an ever-changing billboard! – can be seen from all sides of the building, creating a building that stands out, but up close creates subtle effects by casting shadows on the surrounding road.

この気の利いたグラフィックー絶え間なく変化するビルボード!ーは、この建物の周辺全域から目にすることができ、建物自体を引き立てている。一方で、間近まで近寄れば、リボンに開いた穴が交番を囲む道路へ影でできたパターンを描き出すのを見つけることができるだろう。

koban_016.jpg
       
     
koban_020.jpg
       
     
koban_023.jpg
       
     
koban_024.jpg
       
     
 Beneath the playful, floating volume of the ribbon, the building’s more pragmatic ground floor was designed to visually recede, with the simple concrete structure and even the window mullions all colored charcoal grey. The building’s interior was designed according to standard police specification.  遊び心に溢れ、リボンの作り出す変化に富んだ上層階の真下で、実用性を求められる1階はシンプルなコンクリートの構造を用いて窓枠さえもチャコールグレーに仕上げられ、視覚的に引っ込んだ印象となるよう意図されている。また、建物の内装は、警察の標準的な仕様に準じてデザインされている。
       
     

Beneath the playful, floating volume of the ribbon, the building’s more pragmatic ground floor was designed to visually recede, with the simple concrete structure and even the window mullions all colored charcoal grey. The building’s interior was designed according to standard police specification.

遊び心に溢れ、リボンの作り出す変化に富んだ上層階の真下で、実用性を求められる1階はシンプルなコンクリートの構造を用いて窓枠さえもチャコールグレーに仕上げられ、視覚的に引っ込んだ印象となるよう意図されている。また、建物の内装は、警察の標準的な仕様に準じてデザインされている。

koban_025.jpg