About Klein Dytham architecture

Klein Dytham architecture (KDa) is a multi-disciplinary design practice known for architecture, interiors, public spaces and installations. Established by Royal College of Art graduates Mark Dytham and Astrid Klein in Tokyo in 1991, today KDa is a multi-lingual office with a international reputation and a high-profile client list which includes Google, Tsutaya, Sony, Virgin Atlantic, Nike, Uniqlo, Selfridges and Vertu

KDa's built work includes flagship retail stores, restaurants, resort facilities, office fitouts, houses and apartments. KDa has no stylistic recipe, preferring to work with the client, program and other project parameters to develop a uniquely tailored solution. Materials, technology, and context are all key elements of KDa's design approach, spiced always with an irreverent or surprising twist. 

For KDa, Tokyo is a constant source of inspiration and creative energy. The Japanese thirst for the new, a sensitivity to material and detail in crafting, and an ever-changing urban environment invigorate KDa's thinking and production. In 2003 Mark and Astrid devised PechaKucha Night as an event for young Tokyo designers to meet and share their work – it has now grown into an international network with events running in 860 cities around the globe, inspiring creatives worldwide. 

KDa spans east and west, offering the freshness of vision that only an outside perspective can bring.

クライン ダイサム アーキテクツは建築、インテリア、インスタレーションといった複数の分野のデザインを手掛けるマルチリンガルオフィスである。RCAを修了したアストリッド・クラインとマーク・ダイサムにより1991年に東京に設立。現在では国際的評価も高く、注目を集めるクライアントと様々なプロジェクトを進めている。


インスピレーションとクリエイティヴなエネルギーに溢れる街、東京を拠点とするKDaの斬新なアイデアと作品は、日本特有の新しいものに対する渇望やものづくりにおける素材とディティールに対する高い感性、そして絶えず変化する都市の生活環境に影響を受けながら形成されている。また、2003年に2人によって考案された「PechaKucha Night」は、デザイナーやクリエイターらが互いに創造性を共有するプレゼンテーションの場として世界各国に広がり、現在では860以上の都市で開催される世界的なイベントへと成長している。




Astrid Klein was born in Italy to German parents, schooled in France, educated in Britain, and since 1988 has lived and worked in Japan. She is, therefore, thoroughly international, right down to her bones. Traversing disciplinary and cultural boundaries has been a way of life for Astrid. An artistic family background has ballasted her sense of identity, while the compass of design has guided her professional career.

A Masters degree from the Royal College of Art in London exposed her to the diversity of creative endeavor and developed her talent. A thirst for the exotic led her to Japan, a hunger for the new kept her there. After working for Toyo Ito in Tokyo, she and her partner Mark Dytham established KDa in 1991.

The work of KDa has been the subject of numerous publications and an exhibition of their work was held at the Architecture Association in London in 2005. Astrid is a frequent guest at international conferences on design and architecture and has lectured or held teaching positions at universities in Japan, the UK, the USA, Australia and throughout Europe.

アストリッド クラインは、ドイツ系の両親のもと、イタリアのバレーゼに生まれる。フランス、イギリスで学んだ後、1988年から日本でデザイン活動を始める。真にインターナショナルな経歴をもつ彼女は、ジャンルや文化の境界線をクロスし続けている。

アーティスト家系だった環境が彼女のアイデンティティを確立し、ロンドンのRCA(ロイヤル · カレッジ · オブ · アート) で受けた様々な刺激によって、その才能は開花された。エキゾチックなイメージをもつ日本へと引き寄せられた彼女は、伊東豊雄建築設計事務所で働いた後、1991年に、マーク ダイサムと共にKDaを設立する。以来、新しさへの探究心が彼女を日本に留まらせることとなった。KDaの作品やその活動は、多くのメディアからの注目を集め、現在では日本をはじめ、イギリス、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ各都市の大学での講義や数多くのデザイン、建築関連の国際会議などにも度々招かれている。



A child of the 1960s but ever a man of the contemporary moment, Mark Dytham was born on the outskirts of Milton Keynes, a postwar British ‘new town’. A fascination with the potential of building “the new” was instilled in him from an early age, and he pursued an education in architecture to the level of a Masters at the Royal College of Art (where he met Astrid).

In the late 1980s, Japan was the country furthest in the future. Mark was determined to see what it looked like. The urban energy and willingness to experiment that he and Astrid found in Tokyo convinced them to base their practice there, despite hard economic times. Mark’s entrepreneurial energy kept things afloat during the early years, and his services to British design in Japan was honored by the Queen with the MBE (Member of the British Empire) medal in 2000. Mark is a sought-after speaker, and has participated in numerous design- related events around the world. He has also taught at a number of universities within and beyond Japan.

かつてイギリスで『ニュータウン』と呼ばれたミルトンキーンズに生まれ、少年の心と母国への誇りを忘れない、マーク ダイサム。幼少の時から新しいものや、それが生み出されるプロセスに魅せられた彼は、大学で建築を学んだ後、RCA( ロイヤル · カレッジ · オブ · アート)でより広い視野でのデザインを学ぶこととなった。

彼にとって日本という国は、最も未来に近い国だった。自身の目でそれを確かめる決意し、来日した1988年当時の日本はバブルが崩壊し経済的に厳しい時期であったが、新しいものへの探究心を失わない東京という都市のエネルギーが、彼の心を捉えることとなった。伊東豊雄建築設計事務所を経て1991年、アストリッド クラインと共にKDaを設立。建築をはじめとし数々の作品を手がける。2000年には、これまでの日本におけるブリティッシュデザインへの貢献が認められ、名誉大英勲章 MBE(Member of the British Empire medal)の称号を英国女王より授かる。



Klein Dytham architecture
1-15-7 Hiro
Tokyo 150-0012


T +81 3 5795 2277