HOME-FOR-ALL Soma City, Summer 2015  We are delighted to announce that this project has just won the World Architectural Festival 'Culture' Category. There were 12 other world class nominations - we are extremely humbled to have been given the top award. Congratulations to the whole team who made this project possible including Toyo Ito Architects and Associates, HOME-FOR-ALL NPO, Arup Japan and the construction company Shelter. The project was funded by donations made through T-Point Japan, generous individual donations, product and material donations - and all professional work was undertaken pro-bono. Amazing team work for a great cause makes everything possible. Thank you!  嬉しいお知らせがあります。このプロジェクトが World Architecture Festival 2015において「文化」カテゴリーで大賞を受賞いたしました。他の12の錚々たるノミネート作品の中から最高の賞に選ばれたことの意味を謙虚に受け止めたいと思います。設計を通じて支えてくれた伊東豊雄建築設計事務所、NPO法人 HOME-FOR-ALL、ARUP JAPAN、施工ではシェルターをはじめとする多くの協賛企業のみなさま、チーム全体におめでとうを言いたいと思います。このプロジェクトはTポイントジャパンによる復興支援プロジェクトの一環として資金を募り、数々の企業による材料や製品の協賛を得て実現されました。本当にすばらしいチームワークがこのプロジェクトを可能にしてくれました。ありがとうございます!
       
     
 This project is a part of Toyo Ito's HOME-FOR-ALL initiative set up in the aftermath of the Tohoku earthquake and Tsunami to help repair communities by building small 'homes for all' in the acres of cramped temporary housing. The homes bring a sense of pride back to the community and provide a space where people can met share a smile and a drink and where kids can play together.  またこのプロジェクトは、伊東豊雄氏をはじめとする建築家によって東日本大震災の直後より取り組んできた、地震と津波の影響によって被害をうけた地域に小さな公共空間「みんなの家」をつくる HOME-FOR-ALL プロジェクトの一つです。みんなの家はそれぞれのコミュニティの誇りを取り戻せるよう人々が一緒にお茶をのんだり、子供たちと一緒に遊んんだりして笑顔を共有することができる空間として被災地域に様々なかたちで提供されています。
       
     
  Conceived as a large straw sun hat held aloft by trees this building is an indoor play space for children between the ages of 0-4 . These spaces are important due to the ongoing concerns about background radiation levels. As the children cannot play outside, we felt the building should feel like you are playing in a forrest with trees. The cross laminated timber columns help reduce the span of the timber roof making it lighter and have been designed to resemble trees – complete with their own wild life!   この建築は木の形の柱で大きな麦わら帽子を支えているような空間で0-4歳の子供のための屋内の遊び場として設計しました。この地域では依然屋外での放射線レベルについての懸念が少なからずあります。外遊びさせられないような小さな子供たちも、木のぬくもりに包まれて森で遊んでいるような気持ちになる空間を作りたいと考えました。小断面の板材を編みこんだように積層させた構造の大屋根と、それを支える木のカタチに森の生き物を散りばめて切り出した集成材による柱によって構成されています。
       
     
 For more information about the HOME-FOR-ALL initiative please visit the  website . Astrid and Mark serve as board members on the HOME-FOR-ALL NPO with Toyo Ito, Kazuyo Sejima, Junichi Kano, Riken Yamamoto and Yasuhiro Yamashita, which was established so more homes can be built and manage and maintain the 12 homes that have already been built.  HOME-FOR-ALLの活動の詳細についてはウェブサイトをご覧ください。アストリッドとマークがボードメンバーとしての参画しているNPO法人 HOME-FOR-ALL は伊東豊雄氏、妹島和世氏、山本理顕氏、山下保博氏、鹿野順一とともにこれまでに建てられた12の「みんなの家」の運営や今後の活動をサポートしていくために設立されました。
       
     
SOMA .035.jpeg
       
     
SOMA .014.jpeg
       
     
SOMA .027.jpeg
       
     
SOMA .026.jpeg
       
     
SOMA .034.jpeg
       
     
  HOME-FOR-ALL Soma City, Summer 2015  We are delighted to announce that this project has just won the World Architectural Festival 'Culture' Category. There were 12 other world class nominations - we are extremely humbled to have been given the top award. Congratulations to the whole team who made this project possible including Toyo Ito Architects and Associates, HOME-FOR-ALL NPO, Arup Japan and the construction company Shelter. The project was funded by donations made through T-Point Japan, generous individual donations, product and material donations - and all professional work was undertaken pro-bono. Amazing team work for a great cause makes everything possible. Thank you!  嬉しいお知らせがあります。このプロジェクトが World Architecture Festival 2015において「文化」カテゴリーで大賞を受賞いたしました。他の12の錚々たるノミネート作品の中から最高の賞に選ばれたことの意味を謙虚に受け止めたいと思います。設計を通じて支えてくれた伊東豊雄建築設計事務所、NPO法人 HOME-FOR-ALL、ARUP JAPAN、施工ではシェルターをはじめとする多くの協賛企業のみなさま、チーム全体におめでとうを言いたいと思います。このプロジェクトはTポイントジャパンによる復興支援プロジェクトの一環として資金を募り、数々の企業による材料や製品の協賛を得て実現されました。本当にすばらしいチームワークがこのプロジェクトを可能にしてくれました。ありがとうございます!
       
     

HOME-FOR-ALL Soma City, Summer 2015 We are delighted to announce that this project has just won the World Architectural Festival 'Culture' Category. There were 12 other world class nominations - we are extremely humbled to have been given the top award. Congratulations to the whole team who made this project possible including Toyo Ito Architects and Associates, HOME-FOR-ALL NPO, Arup Japan and the construction company Shelter. The project was funded by donations made through T-Point Japan, generous individual donations, product and material donations - and all professional work was undertaken pro-bono. Amazing team work for a great cause makes everything possible. Thank you!

嬉しいお知らせがあります。このプロジェクトが World Architecture Festival 2015において「文化」カテゴリーで大賞を受賞いたしました。他の12の錚々たるノミネート作品の中から最高の賞に選ばれたことの意味を謙虚に受け止めたいと思います。設計を通じて支えてくれた伊東豊雄建築設計事務所、NPO法人 HOME-FOR-ALL、ARUP JAPAN、施工ではシェルターをはじめとする多くの協賛企業のみなさま、チーム全体におめでとうを言いたいと思います。このプロジェクトはTポイントジャパンによる復興支援プロジェクトの一環として資金を募り、数々の企業による材料や製品の協賛を得て実現されました。本当にすばらしいチームワークがこのプロジェクトを可能にしてくれました。ありがとうございます!

 This project is a part of Toyo Ito's HOME-FOR-ALL initiative set up in the aftermath of the Tohoku earthquake and Tsunami to help repair communities by building small 'homes for all' in the acres of cramped temporary housing. The homes bring a sense of pride back to the community and provide a space where people can met share a smile and a drink and where kids can play together.  またこのプロジェクトは、伊東豊雄氏をはじめとする建築家によって東日本大震災の直後より取り組んできた、地震と津波の影響によって被害をうけた地域に小さな公共空間「みんなの家」をつくる HOME-FOR-ALL プロジェクトの一つです。みんなの家はそれぞれのコミュニティの誇りを取り戻せるよう人々が一緒にお茶をのんだり、子供たちと一緒に遊んんだりして笑顔を共有することができる空間として被災地域に様々なかたちで提供されています。
       
     

This project is a part of Toyo Ito's HOME-FOR-ALL initiative set up in the aftermath of the Tohoku earthquake and Tsunami to help repair communities by building small 'homes for all' in the acres of cramped temporary housing. The homes bring a sense of pride back to the community and provide a space where people can met share a smile and a drink and where kids can play together.

またこのプロジェクトは、伊東豊雄氏をはじめとする建築家によって東日本大震災の直後より取り組んできた、地震と津波の影響によって被害をうけた地域に小さな公共空間「みんなの家」をつくる HOME-FOR-ALL プロジェクトの一つです。みんなの家はそれぞれのコミュニティの誇りを取り戻せるよう人々が一緒にお茶をのんだり、子供たちと一緒に遊んんだりして笑顔を共有することができる空間として被災地域に様々なかたちで提供されています。

  Conceived as a large straw sun hat held aloft by trees this building is an indoor play space for children between the ages of 0-4 . These spaces are important due to the ongoing concerns about background radiation levels. As the children cannot play outside, we felt the building should feel like you are playing in a forrest with trees. The cross laminated timber columns help reduce the span of the timber roof making it lighter and have been designed to resemble trees – complete with their own wild life!   この建築は木の形の柱で大きな麦わら帽子を支えているような空間で0-4歳の子供のための屋内の遊び場として設計しました。この地域では依然屋外での放射線レベルについての懸念が少なからずあります。外遊びさせられないような小さな子供たちも、木のぬくもりに包まれて森で遊んでいるような気持ちになる空間を作りたいと考えました。小断面の板材を編みこんだように積層させた構造の大屋根と、それを支える木のカタチに森の生き物を散りばめて切り出した集成材による柱によって構成されています。
       
     

Conceived as a large straw sun hat held aloft by trees this building is an indoor play space for children between the ages of 0-4 . These spaces are important due to the ongoing concerns about background radiation levels. As the children cannot play outside, we felt the building should feel like you are playing in a forrest with trees. The cross laminated timber columns help reduce the span of the timber roof making it lighter and have been designed to resemble trees – complete with their own wild life!

この建築は木の形の柱で大きな麦わら帽子を支えているような空間で0-4歳の子供のための屋内の遊び場として設計しました。この地域では依然屋外での放射線レベルについての懸念が少なからずあります。外遊びさせられないような小さな子供たちも、木のぬくもりに包まれて森で遊んでいるような気持ちになる空間を作りたいと考えました。小断面の板材を編みこんだように積層させた構造の大屋根と、それを支える木のカタチに森の生き物を散りばめて切り出した集成材による柱によって構成されています。

 For more information about the HOME-FOR-ALL initiative please visit the  website . Astrid and Mark serve as board members on the HOME-FOR-ALL NPO with Toyo Ito, Kazuyo Sejima, Junichi Kano, Riken Yamamoto and Yasuhiro Yamashita, which was established so more homes can be built and manage and maintain the 12 homes that have already been built.  HOME-FOR-ALLの活動の詳細についてはウェブサイトをご覧ください。アストリッドとマークがボードメンバーとしての参画しているNPO法人 HOME-FOR-ALL は伊東豊雄氏、妹島和世氏、山本理顕氏、山下保博氏、鹿野順一とともにこれまでに建てられた12の「みんなの家」の運営や今後の活動をサポートしていくために設立されました。
       
     

For more information about the HOME-FOR-ALL initiative please visit the website. Astrid and Mark serve as board members on the HOME-FOR-ALL NPO with Toyo Ito, Kazuyo Sejima, Junichi Kano, Riken Yamamoto and Yasuhiro Yamashita, which was established so more homes can be built and manage and maintain the 12 homes that have already been built.

HOME-FOR-ALLの活動の詳細についてはウェブサイトをご覧ください。アストリッドとマークがボードメンバーとしての参画しているNPO法人 HOME-FOR-ALL は伊東豊雄氏、妹島和世氏、山本理顕氏、山下保博氏、鹿野順一とともにこれまでに建てられた12の「みんなの家」の運営や今後の活動をサポートしていくために設立されました。

SOMA .035.jpeg
       
     
SOMA .014.jpeg
       
     
SOMA .027.jpeg
       
     
SOMA .026.jpeg
       
     
SOMA .034.jpeg